Month: 4月 2017

最近気になることについて愛犬のこと

わたしの愛犬は今年で6歳になります。抱っこが大好きな愛犬で犬種はロングコートチワワです。最近は散歩するときもよく抱っこして移動しています。天気の良い日には自分で歩きたがることがありますが、散歩用のひもを付けさせてくれないときには抱っこして散歩します。

専用のだっこひもは基本的に持ち歩くようにしていますが、ひもをつけないまま出かけた場合には、途中つけさせることも難しいのでしっかりだっこして移動させます。愛犬はとにかくだっこが大好きで、ことあるごとに抱っこしています。わたしと一緒にいるのが一番落ち着くようでわたしが出かけるときにはいつもさみしそうにしていると家族から聞いたことがあります。

とてもさみしそうにくんくん鳴いているようです。わたしの一緒にいるときは特にわたしの部屋で眠ることがとても好きです。非常に甘えん坊なチワワで一緒にいるとなぜかわたしまで安心します。数年前までは、わたしも犬と一緒にいる生活がこんなに良いものとは思いませんでしたのでわたしは、以前よりもやさしく穏やかな気持ちになれたような気がします。

以前はつまらないことでイライラしたりすることが多かった気がしますが、今はもうそんなことも少なくなりました。

乗り越えたい結婚前の「同居問題」

「結婚前の同居問題・・・」

いかにもドロドロしていそうな話ですが、実はこの問題に直面しています。

同居問題など、まるで他人事のようにして考えていたのが自分にもやってくるなんて

思いもしていませんでした。

誰でも生活の環境を変えるのって、とても勇気がいることですよね。

若い時期ならともかく、年を重ねるとだんだん億劫になるものです。

しかし・・・同居なんて周りから絶対にやめたほうがいい!なんて言われながらも

どんなものか直面してみないと分からないものです。

話し合いをしている最初の段階が肝心ですね。

誰が妥協するか、何が大切なのか。優先順位をつけながら決めていきたいものです。

話し合いは、直接はできないので彼を通じてとなると、また話が少し変わってくる部分もありますね。

直接話し合いができないところが、歯がゆいところです。

相手の親も自分の親も大切にしたいからこそ

適度な距離でいたいものです。

また、困ったときはお互いに助け合いながら生活していける距離にいてほしいものです。

この距離が難しいところですよね。

いろんな価値観がある中で、みんながそれぞれを尊重しながら生活していければ最高ですよね。

なんとしてもうまく乗り越えたいこの同居問題。

自分の気持ちを精一杯伝えていきたいです。